和漢箋 – ロート防風通聖散錠

防風通聖散は、交感神経に働きかけるマオウや、脂肪代謝経路に働くカンゾウ・レンギョウ、溜まった老廃物の排泄に働くダイオウなど、18種類の生薬がそれぞれの働きを助け合うように処方された 漢方薬。
脂肪を分解・燃焼する働きがあり、おなか周りの脂肪など、肥満症の改善に効果があります。また、肥満に伴う便秘などにも効果的です。

製造・販売

ロート製薬株式会社

特徴

防風通聖散は肥満症などにすぐれた効き目をもつ漢方薬。
「ロート防風通聖散錠」はその力を十分に引き出すため、使用する生薬や成分の抽出にもこだわっています。
特に配合生薬の一つ、マオウに着目。
製剤化技術を駆使し、効果成分をより多くエキス中に含むようにするなど、防風通聖散の優れた力を引き出す工夫を重ねています。

成分・分量

防風通聖散料乾燥エキス:3.0g
<原生薬換算量>
キキョウ:1.2g ビャクジュツ:1.2g カンゾウ:1.2g オウゴン:1.2g セッコウ:1.2g ダイオウ:0.9g トウキ:0.72g シャクヤク:0.72g センキュウ:0.72g サンシシ:0.72g レンギョウ:0.72g ハッカ:0.72g ケイガイ:0.72g ボウフウ:0.72g マオウ: 0.72g ショウキョウ:0.24g カッセキ:1.8g ボウショウ:0.9gより抽出)を含む。
添加物として、乳糖、バレイショデンプン、メタケイ酸アルミン酸Mg、ステアリン酸Mg、タルク、カルナウバロウを含む。

効能・効果

体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症

用法・用量

1日3回食前又は食間に、水又はお湯で服用してください。
・成人(15才以上) 3錠
・7才以上15才未満 2錠
・7才未満 服用しないこと
※食間とは、食後2~3時間を指す

使用上の注意

してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
1.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないこと。他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること。

相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
(1) 医師の治療を受けている人
(2) 妊婦または妊娠していると思われる人
(3) 体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
(4) 胃腸が弱く下痢しやすい人
(5) 発汗傾向の著しい人
(6) 高齢者
(7) 今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみなどを起こしたことがある人
(8) 次の症状のある人:むくみ、排尿困難
(9) 次の診断を受けた人:高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害

2.次の場合は直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談すること。
(1) 服用後、次の症状があらわれた場合
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:胃部不快感、はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛

まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること

間質性肺炎:せきを伴い、息切れ、呼吸困難、発熱等があらわれる
偽アルドステロン症、ミオパチー:尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛等があらわれる
肝機能障害:全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる
(2) 1カ月位(便秘に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合

3.長期連用する場合には、医師又は薬剤師に相談すること。

4.次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること。
・下痢

topに戻る